家庭用ゲーム機ランキング / BLOGRANKING

各社が次々と「スマートフォン」発売!新型携帯電話

キーボードを備え、インターネット閲覧や文書作成などパソコン(PC)並みの機能を備えた新しいタイプの携帯電話端末が通信各社から相次いで発売されている。電話が付いた小型PCとも言える端末で、「スマートフォン」と呼ばれる。
欧米に比べ日本では普及が遅れていたが、外出先でPC同様の事務作業をしたいビジネスマンや、ブログやミクシィなどSNS(ソーシャルネットワークサービス)を出先でも楽しみたいという個人の間で人気を呼び始めている。

国内でスマートフォンが広がるきっかけになったのが、2005年12月にウィルコムが発売したPHS端末「W-ZERO3」。シャープ製で、スライド式キーボードと米マイクロソフト社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」携帯電話版を搭載している。これまでの販売台数は、2006年7月発売の後継機(実勢価格2万5,000円前後)と合わせて約50万台にのぼったとみられる。加入者数430万人の同社では空前のヒットを記録だ。
 
人気の秘密は、PC用の文書作成ソフトや表計算ソフトを使った文書ファイルが閲覧できる他、メールで添付ファイルも送受信できるなど、PC並みの使い方ができる点。キーボードを備えていてもポケットに収まるコンパクトなサイズに仕上げた使い勝手のよさと相まって、ユーザーに高く評価されているようです。

J-CASTニュース
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31309929
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。